04-7136-1140
つくばエクスプレス、東武野田線
(東武アーバンパークライン)
「流山おおたかの森駅」西口徒歩1分

加齢黄斑変性

加齢黄斑変性とは

加齢黄斑変性のイメージ写真

物を見るのに重要な部分とされる黄斑(網膜の中心で直径約1.5mmの範囲)ですが、これが主に加齢などが原因で、その働きに異常が起こり、視力が低下することがあります。
このような症状を加齢黄斑変性と言います。

この疾患は、年齢とともに患者が増加していきますが、50歳以上の男性に発症が多く見受けられます。
高齢者の失明原因の一つにも数えられるほか、喫煙、紫外線による酸化ストレス、偏った食生活などもリスク因子となると言われています。

「滲出型」と「萎縮型」

加齢黄斑変性は、「滲出型」と「萎縮型」の2つのタイプに分類されます。
滲出型は、網膜より外側にある、血管が豊富な膜(黄斑の脈絡膜)から網膜に向かって、新生血管が伸びていくタイプです。
新生血管は脆くて弱いので、いとも簡単に出血、あるいは血液中の水分が染み出たりします。
そうなると黄斑の視細胞が急速に損傷され、黄斑の機能は急激に低下していきます。

はせ眼科
休診日…日曜・祝日 9:00~15:00
受付時間 日祝
9:00~12:00
15:00~18:00
診療科目 眼科
住所 〒270-0121
千葉県流山市西初石5-113-1 おおたかプラザビル301
セブンイレブンの上3階
最寄駅 つくばエクスプレス、東武野田線
(東武アーバンパークライン)
「流山おおたかの森駅」西口徒歩1分
TEL 04-7136-1140
Top