04-7136-1140
つくばエクスプレス、東武野田線
(東武アーバンパークライン)
「流山おおたかの森駅」西口徒歩1分

小児眼科

小児眼科とは

小児眼科のイメージ写真

子どもの弱視、近視、遠視、乱視、斜視、眼精疲労などの診察・治療を行うのが小児眼科です。
視力の発達は生まれた直後から10歳くらいまで続くと言われますが、その間に目に何らかのトラブルが生じてしまうことで、その成長が順調にいかなくなることがあります。

当院では、まだ発達途上の段階にある子どもの目を成長するにつれて正常な目の働きができるように治療を行っていきますが、これといった症状がなくても、日頃からお子様の目について不安や気になることがあるといった保護者の方も遠慮することなくご相談ください。
視能訓練士(ORT)も常勤しております。

子どもの視力発達について

生まれて間もない赤ちゃんの視力は、明かりがぼんやりとわかる程度です。
しかし、両親やご家族などの顔を見つめたり、おもちゃで遊んだりしているうちに、視力は徐々に発達していきます。
また、視力の一つに両目で物体を見て遠近感を把握する能力(両眼視)というものがありますが、この能力は生後1歳くらいまでに発達します。
そして、8~10歳頃になると視力は完成し、大人と同じくらい見えるようになります。

お子様に以下のような症状が見られたら一度ご相談ください(例)

  • 瞼が開かない
  • 目が揺れるようだ
  • 黒目が白かったり、茶目が灰色だったと、目の色が不自然
  • テレビや玩具を極端に近づいて見る
  • よく眩しそうに目を閉じる
  • 目を細めて物を見る
  • おかしな目つき(上目づかいや横目づかいなど)をする
  • 何か物にぶつかりやすかったり、転びやすかったりする
  • フラッシュを焚いて写真を撮影すると、片方の目だけ違う色に光って写る
  • フラッシュを焚いて写真を撮影すると、いつも同じ目が光って写る など
はせ眼科
休診日…日曜・祝日 9:00~15:00
受付時間 日祝
9:00~12:00
15:00~18:00
診療科目 眼科
住所 〒270-0121
千葉県流山市西初石5-113-1 おおたかプラザビル301
セブンイレブンの上3階
最寄駅 つくばエクスプレス、東武野田線
(東武アーバンパークライン)
「流山おおたかの森駅」西口徒歩1分
TEL 04-7136-1140
Top