04-7136-1140
つくばエクスプレス、東武野田線
(東武アーバンパークライン)
「流山おおたかの森駅」西口徒歩1分

飛蚊症

飛蚊症とは

飛蚊症のイメージ写真

目の前にまるで蚊が飛んでいるように見える症状が飛蚊症です。
なかでも明るい場所で空を見た場合などによく見られ、その際に蚊のようなものが見えることから、このように呼ばれるようになりました。
なお、人によっては蚊のようなものでなく、黒い影や糸くず、蚊ではない他の虫のようなものが見えることがあります。

また、目の前に見える数というのは単体から複数まであり、色にしても透明なものや黒いものなど人によって様々で、目を動かすと一緒に動いて見えます。
このような症状が現れる原因は、何かのきっかけで硝子体に「濁り」が生じ、その濁りの陰が網膜に映ることで、そのようなものが見えるようになるのではないかと考えられています。

問題ないケースがほとんどですが、網膜疾患の症状として現れることもあります

多くの場合、飛蚊症は放置しても問題のない症状ですが、稀に網膜剥離の初期症状や糖尿病網膜症の症状としてみられることもあります。
どうしても気になるという場合は、一度ご相談ください。

網膜の病気があるかどうかの検査を行う際は、散瞳薬を点眼して瞳孔を広げ、網膜の状態を観察する眼底検査や、視界の範囲を調べる視野検査などを行います。
検査の結果、網膜剥離や硝子体出血などの病気が見つかった場合は、それらの治療を行います。

はせ眼科
休診日…日曜・祝日 9:00~15:00
受付時間 日祝
9:00~12:00
15:00~18:00
診療科目 眼科
住所 〒270-0121
千葉県流山市西初石5-113-1 おおたかプラザビル301
セブンイレブンの上3階
最寄駅 つくばエクスプレス、東武野田線
(東武アーバンパークライン)
「流山おおたかの森駅」西口徒歩1分
TEL 04-7136-1140
Top