04-7136-1140
つくばエクスプレス、東武野田線
(東武アーバンパークライン)
「流山おおたかの森駅」西口徒歩1分

白内障

白内障とは

白内障のイメージ写真

水晶体が濁ってしまう状態が白内障で、その原因は主に加齢によるものです。
カメラで例えると水晶体はレンズに相当します。
そのため水晶体自体は透明で光をよく通すのですが、水晶体のたんぱく質(クリスタリン)は加齢によって変性し、だんだん白く濁っていきます。
この症状が白内障です。

40歳ほどで早ければ発症し、80歳を超えると、白内障の状態にある方がほとんどと言われます。
そのため、多くの患者様が罹患する病気でもあります。
なお、若い世代の方でも、全身疾患(糖尿病など)や薬(ステロイドなど)の副作用をはじめ、外傷、紫外線、喫煙などが原因で、発症することもあります。

症状に関して

自覚症状を最初から感じることは、ほぼありません。そのため初期段階で、病状に気づくことは困難です。
そして次第に病状が進行すると、白内障とみられる症状が徐々に認められるようになります。
次に挙げるような症状がみられたら、当院までご相談ください。

白内障の症状

  • 目が霞んで、辺りが白く霧がかかったように見える
  • 明るいところでは、かえって目が見えにくい
  • 太陽光や街灯、車のヘッドライトなどの光をひどく眩しく感じる
  • 視力が低下して、小さな文字が読みにくくなる
  • 眼鏡の度が急に合わなくなる など

検査について

白内障の検査ですが、主な内容は、問診と視力検査、そして細隙灯顕微鏡検査です。
白内障発症の有無は、細隙灯顕微鏡で水晶体の透明度を調べることで判断できます。
なお症状によっては、白内障とは別の病気の可能性もありますので、視力検査や眼圧検査、眼底検査も行います。

視力検査では、裸眼視力および矯正視力をそれぞれ測定します。
レンズを装着した状態で測る矯正視力が落ちているようであれば、白内障を含む何らかの網膜障害が疑われます。
また、眼圧検査や眼底検査は、緑内障など他の目の病気かどうかの検査となります。

治療に関して

日常生活に支障をきたすことがないほどの軽度な白内障であれば経過観察になります。
場合によっては、目薬(水晶体のたんぱく質の変性を阻害して水晶体が白く濁るのを抑制し、白内障の進行を遅らせる薬)による治療を行うこともあります。
なお、日常生活に不便を感じられるほど白内障の症状が進んだ場合は、人工のレンズ(眼内レンズ)を入れる手術が検討されます。
当院では、日帰り手術による白内障手術を行っています。

はせ眼科
休診日…日曜・祝日 9:00~15:00
受付時間 日祝
9:00~12:00
15:00~18:00
診療科目 眼科
住所 〒270-0121
千葉県流山市西初石5-113-1 おおたかプラザビル301
セブンイレブンの上3階
最寄駅 つくばエクスプレス、東武野田線
(東武アーバンパークライン)
「流山おおたかの森駅」西口徒歩1分
TEL 04-7136-1140
Top